社会福祉法人「宮城緑風会」が労働基準法違反!残業代未払いで是正勧告!きちんと未払い賃金を払ってください!

活動報告

〇社会福祉法人「宮城緑風会」が運営する特別養護老人ホーム「みどり荘」に対し、大河原労働基準監督署が労基法37条違反の是正勧告をだしました。

「みどり荘」では、現在、終業時刻のあと 15分以内にタイムカードを押し、退勤する様にと業務命令がされています。
しかし、「みどり荘」では残業代未払い、サービス残業が横行していました。所定労働時間だけでは仕事が終わらず、タイムカードにも残業時間が記載されていたのですが、支払われてきませんでした。むしろ、タイムカードには、出勤、退勤時間が打刻されているものにたいし、15分を超えた分については「私用」と書くよう、不当な指導もされました。そして、タイムカードを押した後にも残務就労が行われてきており、その時間に関しては、自己責任で無償の労働をしている状況になってきました。

介護士で組合員のAさんとユニオンは、そう言った違法行為を是正して、未払い残業代を支払うように要求してきましたが、Aさんは、労働基準監督署に申告も行いました。

12月6日、Aさんは、大河原労働基準監督署は会社に対し、労働基準法第37条に違反したとして是正勧告を出した、との連絡を受けました。
毎回の勤務で時間外労働があったとタイムカードにも現れているのに、未払い賃金を払っていないことに対する行政指導です。

また、是正勧告の中身として、

・今年4〜6月の、職員全員分の割増賃金を支払うこと
・令和元年12月1日から現在までの、介護士Aへの割増賃金を支払うこと

を求めたということです。
会社は適切に、未払い賃金を支払ってほしいと思います。
ユニオンは引き続き、会社への改善を求めて交渉していきます。

〇組合員Aさんのコメント

「おかしいな」と思っても、上司や施設の方針や規則に従い、忠実に真面目に受け入れ、協調性を持ち従っている人は多いです。しかし、実際は違うのです。どうか「おかしい」と思った事は、それぞれが声を上げる勇気を出し、間違いを正して行く事で、働き易い環境を作る為の一歩となります。それは、私達、職員だけでは無く、家族様より、お預かりさせていただいている、大切な入居者様や患者様の為にも繋がる大切な事だと思います。
どうか、皆様、一緒に立ち上がり、共に闘いましょう。

過去の記事もあわせてご覧ください。
「介護事業を運営する社会福祉法人「宮城緑風会」は、利用者のため運営を見直し、介護士へのパワハラや賃金未払いをなくしてください! 」
「 ワクチン強要の責任も認めず、未払い賃金を払わない。社会福祉法人「宮城緑風会」は不誠実な対応を改めてください!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました